インプラント

安全性の高いインプラント治療

歯の失われた部分にチタン製の歯根を埋め込んで人工歯の支えとするのがインプラント(人工歯根)治療です。
入れ歯のように取り外したり、痛くて噛めないということはございません。
また、ブリッジのように両隣の健康な歯を削る必要もございません。
当院では、実績・経験豊富なドクターが、最新鋭の設備・医療機器を用いて安全性の高い、高度なインプラント治療をご提供致します。


当院のインプラントについて

当院でのインプラント治療は、ストローマンデンタルインプラント(ITIインプラントシステム)にて行います。
特徴として・・・
・ 専門トレーニングを受けた医師のみが取り扱いできる。
・ 国内、国外問わずシェアが高いので、引越しなどの際、転院がしやすい。
・ インプラント体の形状・サイズが日本人のあごに適している。
・ 手術方式が一回法なので、骨とインプラントが結合した後の手術が必要ない など

また、骨の量が足りない事や、上顎の骨の厚みが薄い事で、インプラント手術が難しいと言われた方でもご相談ください。
当院では、インプラントを埋入する骨を増やすサイナスリフトやソケットリフト、GBRなどの骨造成処置を行っております。


デジタルレントゲンの導入

当院では、デジタルレントゲンの鮮明な画像を、患者様にも実際にご確認頂きながら治療を行っております。
口腔内全域の撮影はもちろん、X線照射範囲を調整しお子様のサイズに合わせた撮影や部分的な詳細撮影など可能です。
また、従来型のレントゲンと比べ大幅に被曝量を軽減しており(約10の1)、現像の際に廃液も出ないので身体や環境にも優しい装置です。


インプラントのメリット

歯を抜けたままにしておくと

歯を抜けたままに放置しておきますと噛み合わせや見た目などに悪影響を及ぼします。
以下に項目別にご説明致します。

機能面(噛み合わせ)での影響

抜けた歯にかみ合っていた歯が動いてくる。
抜けた歯の両隣の歯が傾いてくる。
※上記の理由などにより、咬み合わせに異常を生じます。

審美面(見た目)での影響

見た目がよくない。
歯ぐきの位置が下がってくる。
顔の輪郭が変わってくる、口元にしわが寄り、老けてみられる。

生活面での影響

しっかり噛めないことで胃腸に負担がかかる。
うまく発音が出来なくなる。
噛めない事により、脳への刺激が減少する。


他の治療方法との比較


あごの骨が薄くインプラントを諦めてしまった方へ

インプラントを埋入する際に、土台となる顎の骨には一定の高さや量が必要となります。
例えば上あごの骨は生物学的に上顎洞(サイナス)という空間があり、そのため上あごの骨は下あごの骨よりも少ないのが実情です。
他院にて骨の量が足りない事や、上顎の骨の厚みが薄いことを理由にインプラント手術が難しいと言われた方でもご相談ください。


ソケットリフト

顎の骨が薄くても5ミリ以上ある場合に行う骨造成処置です。
具体的には、上あごの骨にドリルを使って、穴を開けて上顎洞まで貫通する直前でドリルをストップさせます。
そこからいわゆる金槌のようなもので、徐々に衝撃を加えながら、上顎洞粘膜に覆われている上顎洞を押し上げていきます。
作業で開けられた穴に、特殊な器具を使ってすき間なく骨移植材を詰めます。
これにより、骨が厚みを増し、インプラントを埋入した後の骨の強度を上げます。


サイナスリフト

上顎洞(サイナス)までの距離が5㎜以下のような薄い上顎骨では、ソケットリフト法ではできない場合等に用いる治療法です。
ソケットリフト法のように下から骨を持ち上げるのではなく、歯茎の横か上顎洞に向けて穴をあけて横から上顎洞粘膜を押し広げてその隙間に自家骨、及び人工骨を入れて骨を増やす治療法です。


GBR(骨組織誘導再生)

GBRとは、インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合に骨の薄い部分を特殊な膜(遮断膜)で覆い固定することで、骨の再生を待って、インプラントの予後を確実にする治療法です。
通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術の時に処置を行います。



ページのトップへ