歯医者さんは「怖い」「痛い」というイメージをお持ちの方へ

歯医者さんは「怖い」「痛い」というイメージをお持ちの方へ


患者様への負担に配慮した歯科治療

患者様への負担に配慮した歯科治療

虫歯を簡単に削ったり、詰め物をしたり、さらには神経を取ったり、歯を抜いたり、またブリッジのために健全な前後の歯を削ったためその歯が悪くなるなどの悪循環を繰り返すことで、口内環境はどんどん悪化していきます。
また、そのための通院時間や費用などが患者様への大きな負担となります。

そこでまず、当院では徹底的なカウンセリングや打ち合わせを行い「治療が怖い」「どんな治療をされるのか分らないので不安」といった患者様にも安心して治療に専念して頂けるよう、ご要望をしっかりとヒアリングし、治療方針や内容、費用などわかりやすく丁寧にご説明の上で実際の治療を進めてまいります。


ページのトップへ


MI治療をご存知ですか?

MI(ミニマルインターべーション)とは、最小限の侵襲という意味です。
歯科治療において、歯を抜く、歯を削るという事はそれだけで患者様の心身負担を伴うものと考えております。
そこで当院では、患者様の歯を守るべく『最小限の侵襲』でおさえることを第一に考えた歯科治療を行っております。

具体的には・・・
・歯をなるべく削らない。
・歯をできるだけ抜かずに保存する。
・抜歯をせざるを得ない時も、できるだけ骨を守る。
そして一番は『患者様の大切な歯を末永く健康に保つ』というコンセプトでMI治療に力を注ぎます。

ページのトップへ


痛みの少ない麻酔処置

歯科治療は、極端に言えば「体内の治療」でもあります。
口を開けて、目に見えない場所を治療することはそれだけで患者様が恐怖するに十分であると考えています。
そこで当院では、患者様の恐怖感を少しでも緩和できるよう麻酔の段階から配慮致しております。

ポイント1

治療麻酔の前処置として、表面麻酔を行います。
さらに麻酔針は刺入時の摩擦を軽減するため、超極細のものを使用します。
これによって「治療のための麻酔を打つこと自体が痛い」という不快感を排除します。

ポイント2

知覚過敏症のように「冷たいもの(液体)が沁みるのはご存知かと思います。
これは同様に液体である麻酔にも当てはまります。
よって麻酔液の温度を体温に近づけることによって痛みを和らげることができます。
麻酔は専用の機器(カートリッジウォーマー)にて常時人肌に温めています。

ポイント3

麻酔は一度に打たず、数回に分けて行います。
前処置をきちんとしても、麻酔は異物に変わりないので一度に多く打つと、それだけ不快感も多くなります。
少しずつ、適量を投与することが患者様の負担軽減のポイントです。

ポイント4

一定の圧力でゆっくりと麻酔処置が可能な、コンピューター制御の電動麻酔器もあります。


※但し個人差によりますので完全に痛みが無いわけではありません。

ページのトップへ



ページのトップへ